医療機関の方へ

飯塚嘉穂病院
の緩和ケア
施設とは
治療が難しくなったがん末期の患者さんで、痛みや吐き気などの症状を緩和するための施設です。がんに対する積極的治療は行いません。入院後は、緩和ケアチームと主治医が診療を行います。患者さん、ご家族の希望を最大限尊重し、スタッフ全員で取り組んでいきます。
緩和ケア
チームとは
  • メンバー:医師、看護師、薬剤師、リハビリ、管理栄養士、医療ソーシャルワーカー 等
  • がん患者の方に起こる身体的・精神的なさまざまな症状に対し、チームで支援します。
当院緩和ケア
施設の特徴
全てのお部屋が庭に面しており、木目調の窓から暖かな光を取り込みます。みどりに囲まれた中で、ゆっくりとあなたの時間を過ごすことができます。ご家族と一緒に、いつもの時間を過ごすこともできます。

緩和ケア
空室情報

入院までの流れ

  • 事前面接(要予約)…緩和ケアチームの医師が対応します。
    治療を受けている病院からの紹介状が必要です。
    当院専用の緩和ケアチェックシートにご記入いただき、FAXしてください。
    地域医療連携室へ連絡し、面接の予約をお願いします。
  • 入院判定会議…当院での入院が可能かどうかを検討します。
  • 受入可能な場合…受け入れの日時を連携室より連絡します。
チェックシート[PDF] ダウンロード

お問合せ・チェックシート送付先

済生会飯塚嘉穂病院 地域医療連携室

受付時間  月~金 8:30~17:00  土 8:30~11:00

(直通TEL) 0948-22-3804
(直通FAX) 0948-22-3859

緩和ケア
空室情報

告知について
緩和ケアを受けるにあたって、患者さんが病名を知っていることは大事なことと考えています。本人に告知がなくとも対応は可能ですが、本人が病状に対する説明を希望された場合に適切な説明が行われることをご家族が了承していることが必要です。
入院料金について
一般病棟と同様です。健康保険の適用になります。お部屋によっては、差額室料がかかる場合もあります。

緩和ケア
空室情報